働きマン(はたらきまん) 働きマン(はたらきまん)を読んでの感想 忍者ブログ
働きマン(はたらきまん)というTVドラマの情報です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

働きマン(はたらきまん)を読んでみての感想。
一言で表すんやったら・・・


あーっ、働きたーい!!
何よりも「働かな」そう思える一冊やった。

主人公・松方弘子は週刊誌の記者で、まるで廃人になりよったかのようにエネルギーを消尽するほど働く女性。
なしてそないなるかちうと、仕事モードに突入する“男スイッチ”が入ると、松方は仕事を3倍のスピードでこなし、その間は睡眠も恋愛も、仕事以外ずぅぇえええぇぇええんぶのことをシャットアウトするため。
そりゃ廃人になるわな・・・(笑)

ほんで、こないな松方と正反対な、田中ちう男がおる。
田中とは松方の後輩で、できるかぎり、可能なかぎり働かいないでおこうと考えるちうわけや。

そないな田中が、松方にこういったちうわけや。
「オレは『仕事しかいない人生やった』 そないなふうに思うて死ぬんはごめんやね」

その田中に対して松方は
「それもある それも多分あって 確かにそのとおり でもあたしは 仕事したな――って思うて 死にたい」

この漫画を読むことで反省し、いまやっとる仕事を、見つめ直そうと思てたんや。

きっと見つめなおすことで、松方のように「仕事してて最高に気持ちええ瞬間」がやってくる思う
その瞬間をぜひとも味わってみたい!!

この漫画で、やりとうない「張り込み」の仕事を中途半端にして、やりたかった「大好きな作家の担当」に心を奪われとる記者に、編集長が説教するちうわけや。
「振り向いてんねんヒマなんかねえんやよ いつかて真剣勝負なんやら まず目の前の仕事やろ」と。

こないなことよりもあれがしたいんに・・・。
そこまで辿りつきたいのやったら、今目の前にある仕事を真剣にこなすこと、それがいっちゃん大切や思うわ。
おもった通りにならへん。そやけどそれも仕事。それが仕事。

最初からオノレの好きなようにやれるんやったら、どなたはんも努力せん。
努力してこそ「仕事してて最高に気持ちええ瞬間」に出会えるんや思う

この働きマン(はたらきまん)ちう漫画は、前向きになれるパワーをくれる漫画や思おりましたわ。
是非読んでみておくんなはれ!!
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]