働きマン(はたらきまん) 働きマン(はたらきまん)連ドラ化! 忍者ブログ
働きマン(はたらきまん)というTVドラマの情報です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「働きマン(はたらきまん)」連ドラ化決定!

漫画家・安野モヨコはん(36)の単行本3巻の発行部数が累計300万部を突破するほど絶大な支持を集めとる人気コミック「働きマン(はたらきまん)」が、10月からやまとテレビで連続ドラマ化されることが決定したちうわけや。
主人公の熱血編集者を演じるんは、菅野美穂(30)安野はんも「そっくり」と太鼓判を押すほど。 (水曜・10時)

菅野美穂が演じる主人公の松方弘子は、出版社に勤務する週刊誌編集者。28歳で独身。元巨乳。
仕事や恋人との関係で悩んでいようが、プライベートが犠牲になろうが、いざ仕事となると男スイッチが入ったんか思うほどの働きぶりで、ニックネームは“働きマン(はたらきまん)”。

「あたしは、仕事したなーって思うて死にたい」
ここまで仕事にたいしての情熱を持っとる姿が、世の働く男女を中心に支持されとる。

04年から雑誌「週刊モーニング」(講談社)で連載がスタートし、昨年10~12月、フジテレビでアニメが放送されており、深夜枠にもかかわらへんし、全11回の平均視聴率が4.0%と好調やった。

加藤正俊プロデューサーは「特殊なヒーロー、ヒロインやのうて、世の働く人から共感される主人公にしたいちうわけや。シリアスからコメディまで、幅広い演技のできる菅野はんはぴったりと思て起用したちうわけや。」と語るちうわけや。

菅野はもともと原作の大ファンで「硬派やのにキラキラしてて、痛快で疾走感があって引き込まれる」とはまっており、「どエライ共感できまんねん」と思て入れも強いちうわけや。
番組宣伝用の写真撮影をするために、原作の表紙に描かれた松方に合わせ黒かった髪の毛を茶色に染めてきたほど。

この写真を見て、安野はんは「松方にそっくり」と絶賛。たしかにわても似とると思てたんや!!

そのうえ、今年映画化された「さくらん」に出演した菅野を見て、「菅野はんは演技もうまいし大好きな女優はんやからうれしい」と喜んどる。


働きマン(はたらきまん)のドラマ版キャスト

◎キャスト
松方弘子■菅野美穂
梅宮龍彦■伊武雅刀
成田君男■沢村一樹
菅原文哉■津田寛治
小林明久■荒川良々
渚マユ■平山あや
梶舞子■吉瀬美智子
田中邦男■速水もこみち
堂島保■野仲イサオ
山城新二■吉沢悠
荒木雅美■佐田真由美
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]