働きマン(はたらきまん) 働きマン(はたらきまん)なオノレ 忍者ブログ
働きマン(はたらきまん)というTVドラマの情報です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「働きマン(はたらきまん)」の主人公松方弘子。発行部数60万部のゴシップ週刊誌「JIDAI」の女性編集者で28歳、独身、元巨乳。
仕事や恋人との関係で悩んでいようが、プライベートが犠牲になろうが、いざ仕事となると男スイッチが入ったんか思うほどの猛烈ぶり。ってか「適度に」って言葉を知らんほどのめり込む。
後輩にも「働きマン(はたらきまん)や!」と言わしめとる。
身だしなみには気をつかうタイプで、アクセサリーにいたるまで抜かりまへん。が、いったん仕事モードに入るとファッションだけでなく、恋愛も寝ること食べることもおろそかになってまう。
30歳までに編集長になることが夢。
仕事しかいない人生と嘆くより、わては仕事したなー思って死にたいちうわけや。彼女はためらいもなくそうつぶやく。

働きマン(はたらきまん)とは・・・女の子が、寝食を忘れて仕事に打ち込んどる状態。
主に納品前、突発的な事故処理やらなんやらのときに、働きマン(はたらきまん)スイッチやったらぬ、男スイッチが入ちう、廃人になるほど仕事に没頭するっちうことをいうわ。(通常の3倍のペース仕事をする)

働きマン(はたらきまん)、今秋にドラマ化決まったんやねぇ。主演は菅野美穂はん。

10月10日・水曜夜10・00~スタート^^
◎キャスト
松方弘子・・・菅野美穂
梅宮龍彦・・・伊武雅刀
成田君男・・・沢村一樹
菅原文哉・・・津田寛治
小林明久・・・荒川良々
渚マユ・・・平山あや
梶舞子・・・吉瀬美智子
田中邦男・・・速水もこみち
堂島保・・・野仲イサオ
山城新二・・・吉沢悠
荒木雅美・・・佐田真由美

去年はアニメ化されて、結構な高視聴率やったようやし、ドラマも楽しみでうや。

余計なお世話やけど、女の子が女をホッておるから働き”マン”男性には使いまへん。
そやかて、働きマン(はたらきまん)は時に、仕事のためやったら女の武器をためらいなくつこうたりもするちうわけや。これが出来よるのが女の特権やね。
わても昔は、今でぬかす働きマン(はたらきまん)やった。
キャリア女子やったら、タブン...たぶんやで、わいもよー知らんがタブンいっぺんは通る道や思うで。
有名企業の総合職とかには、働きマン(はたらきまん)率が高い思われはるな。

ほんで、責任感が強い方やと、働きマン(はたらきまん)にはまりすぎるので用心しておくんなはれ(笑)
せやけど、働きマン(はたらきまん)は三十路になるまでにリアルに将来を考えてんと、エライ目にあう確立高し・・・。

やっぱり三十路を超えると、体力でもメンタルな部分そやけど、ごっつうよわなるちうわけや。
バリバリのキャリアウーマンそやけど、やっぱり支えは必要。
仕事だけに執着せへんし、松方のように恋にも目を向けていなければ、女としての魅力も半減するんちゃうかな?
働きマン(はたらきまん)は、ただ仕事してればええって話とちゃうんや。

仕事のスキルだけやったらなく、女としてのスキルも底上げしておかなや。
自称働きマン(はたらきまん)なわては、この漫画をみてもういっぺん、オノレの身辺を見直そうと思てたんや(笑)
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]