働きマン(はたらきまん) 働きマン(はたらきまん)作者、安野モヨコの魅力 忍者ブログ
働きマン(はたらきまん)というTVドラマの情報です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

安野モヨコ氏の、花魁の人生と恋を題材にした「さくらん」は、彼女の実力を惜しみなく発揮できた作品ではおまへんやろか。
通いの旦那への恋心、ほんで女性の視線からあそこまでリアルに描けるんは、彼女の力以外のなあんものでもへん。
ほんで人物描写もごっつううまいちうわけや。ホンマによう見とる

そないな安野モヨコ氏の作品で、ただいま連載中の「働きマン(はたらきまん)」を今回は取り上げてみたちうわけや。
題名はマンやけど、主人公はウーマンの雑誌編集者・松方弘子。
週刊「JIDAI」の女性編集者、松方弘子・独身・28歳・元巨乳。恋人とのデートよりも仕事をヒイキする、男勝りの性格。
ひとたび仕事モードに突入する「男スイッチ」が入ると、寝食も忘れ男性顔負けの働きぶりをみせるため、彼女のニックネームは人呼んで『働きマン(はたらきまん)』。
「わては仕事したな~って思うて、死にたい」とぬかすほど、情熱を持って仕事に向き合っとる。
主人公の仕事人間の松方だけでなく、周りで働く様々なタイプの人間の視線を通して、「働くとは何ぞ」を問うスタイリッシュドラマ。

主人公・主人公とすれちゃう様々なヤカラが、理想どおりならへん職場や、意見や考え方の合いまへん人間関係に、迷い、時には立ち止まりながら、人生と向き合い、どうにかオノレなりの回答を出してまた歩み出す。

主人公・松方は、毎日毎晩壱年中「今、目の前にある仕事を真剣に取り組みクリアしていく」ちう回答を出して歩み続けるが、今の仕事に疑問を持って転職を決意する者もおる。
正解はあらへん。

そうわ、正解やなんてへん。そやけど精一杯もがき、迷い、真剣に悩む。
それこそが、生きる意味なんやないやろか。働きマン(はたらきまん)とは、そないなことを感じさせられはる作品。
ほんでまた、安野モヨコ氏やからこそ描けるストーリー。
仕事に行き詰まり、悩んどるひとにこそ、読んで欲しい一冊や。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]