働きマン(はたらきまん) 働きマン(はたらきまん)原作者 安野モヨコ先生 忍者ブログ
働きマン(はたらきまん)というTVドラマの情報です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

名前・・・安野 モヨコ(あんの モヨコ)
性別・・・女性
生年月日・・・1971年3月26日生まれのおひつじ座。
職業・・・漫画家。
出身・・・東京都杉並区。
血液型・・・O型。
最終学歴・・・関東高校(現・聖徳学園高校)卒業。

叔父は、黄桜のカッパの絵やらなんやらのべっぴん画で知られはる、漫画家の小島功。

高校3年生の時に「別冊フレンドに」作品を投稿。入賞し、高校卒業後に『まるっきしイカしたやつらだぜ!』で漫画家デビューを果たす。

その後いくつか作品を発表したもんの、「中途半端な気持ちで描いた」作品のようで、結果評判もイマイチ。

ほんで、デビュー前から親しかった岡崎京子先生のもとで、アシスタントをするちうわけや。
アシスタントをしていくうちに、岡崎先生やアシスタント仲間に触発されて、漫画家として心を入れ替え、新たな気持ちで描いた『TRUMPS!』が念願の初連載となりよった。

23才で「別冊フレンド」との専属契約を解消して、フリーになり、「FEEL YOUNG」で『ハッピー・マニア』を発表。
この作品が大ヒット、連載中にフジテレビでドラマ化され、安野先生の代表作になりよった。

その後も『ジェリー・イン・ザ・メリィゴーラウンド』、『脂肪ちう名の服を着て(『やせなきゃダメ!』改題)』、『花とみつばち』、『さくらん』やらなんやらがことごとくヒット。
さらに『べっぴん画報』シリーズで、美容方面でも新たなファンを獲得するっちうことに性交...ひひひ,ウソや,成功。

2002年3月26日にアニメ監督の庵野秀明はんと結婚。その結婚生活を書いた『監督不行届』も人気の一冊。

2003年「なかよし」に初のボウズ向け作品となる『シュガシュガルーン』の連載を開始、翌年「モーニング」にサラリーマン向けの作品である『働きマン(はたらきまん)』の連載を開始。
どちらも人気作となり、アニメ化されたちうわけや。
ほんで今秋、働きマン(はたらきまん)がドラマ化されることが決定。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]